オイルとクリーム、妊娠線予防にはどちらが効果的?

オイルとクリーム、妊娠線予防にはどちらが効果的?

■妊娠線予防オイルとクリーム、どちらの方が効果が高い?

 

妊娠線の予防ケア商品にはさまざまなものがありますが、よく使われているオイルと
クリームではどちらを使ったほうが予防効果が高いのでしょうか。

 

 

 

妊娠線予防の商品には、クリーム、オイル、ローションなどがあります。
その中でもよく使われているのがクリームとオイルですが、さまざまな商品があるので
どれを使おうか悩んでしまいますよね。

 

 

そこでクリームとオイルのどちらが妊娠線の予防効果が高いのか調べてみました。
それぞれにメリット、デメリットがあるようです。

 

 

そもそも妊娠線を予防するためには、肌が健康で良い状態にすることが大切です。
肌が乾燥していると妊娠線ができやすくなってしまうので、保湿は欠かせません。

 

 

肌が潤った状態で健康になるためには、水分と油分のバランスが重要。
水分だけ多くても、油分だけ多くても良い状態の肌とは言えません。

 

 

そういう点で、クリームは水分と油分を両方補うことができるので使いやすく人気も
あります。
オイルは基本的に油分しか補うことができませんね。

 

 

しかし、人によってはオイルの方がいいという人もいるんですよ。
それは肌質が人それぞれ違うから。
妊娠線をしっかり予防するためには、自分の肌に合うものを使うことが大切なんです。

 

 

クリーム、オイルのどちらを使うにしても、その商品の特徴を理解して正しい使用方法で
ケアすることも重要と言えます。

 

 

■オイルのメリット、デメリット

 

妊娠線予防のオイルにはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

 

 

 

妊娠線の予防に一番大切なことは、肌の保湿。
肌の水分を補って乾燥させないこと、そして皮膚を柔らかくし伸びが良い状態にすること
がとても大切なんですよ。

 

 

その保湿と皮膚を柔らかくするのに最適なのがオイルと言われています。
クリームよりもオイルの方が保湿力が高いんですよ。

 

 

オイルのメリットは次のとおり。

 

・油分が高いためクリームよりも保湿力が高い
・皮膚を柔らかくし、伸びを良くしてくれる

 

 

オイルはクリームよりも油分が高く肌の水分を逃がさないように乾燥から守ってくれます。
また、皮膚を柔らかくしてくれるので、皮膚の伸びが良くなる効果もあるんですよ。

 

 

一方、次のようなデメリットもあります。

 

・油分が高いため水分量が少ない
・乾燥している肌に塗っても効果がない
・ベタつきがち
・匂いが気になる場合がある

 

 

オイルそのものは水分量が少ないため、乾燥した肌に塗っても水分の補給はできません。
お風呂上がりやローションなどで十分に水分補給された状態で使用することでオイルの
効果は発揮されるんです。

 

 

オイルはどうしてもベタつきやすい特徴があります。
しかし人によって感じ方や使い心地に違いがあるため好みが分かれます。

 

 

また、オイル独特の匂いがするものもあり、つわりの時などは気になる人もいます。
アロマ効果の目的で香りがするものもあり、これも人によって好き嫌いがあります。

 

 

■クリームのメリット、デメリット

 

妊娠線予防クリームにはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

 

 

 

クリームのメリットはどのようなものでしょうか。

 

・選択肢が多いため自分に合ったものを選びやすい
・油分と水分の両方を補える
・塗りやすく使い心地が良い

 

 

妊娠線予防クリームは多くの商品が販売されています。
それぞれ特徴があり数多くの中から自分に合ったものを選ぶことができます。

 

 

クリームは、オイルとは違って油分も水分も補うことができるんですよ。
また、クリームの伸びが良く、塗りやすいものが多いです。
ベタつかずサラッとするものもあり、使い心地がいいと人気があります。

 

 

デメリットは、次のとおり。

 

・オイルと比べて保湿力が劣る
・多くの商品がありどれを選んでいいのか迷う

 

 

クリームは、油分と水分の両方を同時に補うことができます。
しかし、保湿力は、オイルに比べると劣ってしまうのが現状です。

 

 

クリームの中でも、ローションに近いタイプのものやオイルに近いタイプのものもあり、
ローションに近い場合はサラッとしていて使い心地はいいけれど、それだけ保湿力が低く
なります。

 

 

オイルに近いものは保湿力が高くなりますが、ベタつく感じがするものが多いようです。

 

 

■オイルとクリームの併用が効果的って本当?

 

オイルとクリームそれぞれにメリット、デメリットがありますが、2つを併用するのが
より効果的だというのは本当なのでしょうか。

 

 

 

妊娠線予防は、オイルでもクリームでもそれぞれ効果がありそうですね。
しかし、オイルでもクリームでもそれだけでは物足りない部分があるわけです。

 

 

なので、両方を併用するという方法もおすすめなんですよ。
例えば朝はクリームだけを塗って、夜はオイルを塗る。
また、基本的にクリームを塗り、油分が足りないと感じる時にオイルを塗る、など。

 

 

オイルだけ、クリームだけを使うよりも、保湿効果は高くなり、妊娠線の予防効果も
れだけ高くなるというわけですね。

 

 

いずれにしても、自分に合う方を自分に合った使い方でケアすることが一番大切だと
言えるでしょう。




跡になる前にケアしておきたい妊娠線!


「妊娠線予防」
色々なところでよく見かけますよね。


「一人目で大丈夫だったから二人目も特に対策しなくても大丈夫。」
「ドラッグストアの妊娠線予防クリーム塗っといてもできた友達もいるし 運では?」
「高いだけの妊娠線予防クリーム塗っても出来た人はできるのでしょ?」



…私も最初はこんなふうに思っていましたが


普通の保湿クリームで妊娠線予防はできません!


そもそも妊娠線は皮膚が伸びることで皮膚の内部奥深くに亀裂が起きてしまうために 生じるものです。


保湿は皮膚の表面(角質層)の乾燥は防ぐことができますが、奥深くまで 浸透しないため、妊娠線の予防には効果がないのです。


そこで「シラノール誘導体」という成分が注目されています。
海外では妊娠線予防に有名な成分なのですが、最近日本でも注目されるようになりました。


「シラノール誘導体」はコラーゲン層を再構築し、皮膚の弾力性を修復する効果があります。


真皮という皮膚の奥深い層の約70%をコラーゲンが占めています。
この層まで亀裂が入ることで決定的な妊娠線ができてしまうわけです。



コラーゲン層を再構築する鍵となるシラノール誘導体がとっても重要なわけです。



日本で売られれている妊娠線クリームでこのシラノール誘導体が含まれているものは ベルタの妊娠線クリームとだけでした。


妊娠線予防は「早め」の対策が必要です。


妊娠線ができてしまってからはレーザーなどの対処はありますが、消えるまでかなり時間が掛かりますし、最悪跡になって残ることも有ります。








>>後悔しない妊娠線予防クリーム



関連ページ

妊娠線予防クリームで芸能人が使っているものはどれ?
いつから妊娠線予防クリームを塗るのがいいの?
ニベアの青缶で妊娠線予防クリームの代用は可能?
キュレルには妊娠線予防の効果があるの?
オーガニックの妊娠線予防クリームはなぜ良いの?
市販のクリームで妊娠線予防におすすめのものは?
ナチュラルマークは妊娠線予防に効果があったという口コミがある?
妊娠線予防に効果があるナチュラルサイエンスのクリームとは?
西松屋で買える妊娠線予防クリーム一覧
乳液は妊娠線予防クリームとして代用可能?
ハンドクリームは妊娠線予防クリームとして代用可能?
マタニティ用品で有名な犬印の妊娠線予防クリーム、口コミはどう?
ワセリンは妊娠線予防クリームとして代用可能なの?
薬局で妊娠線予防クリームは売っているの?
妊娠線予防で人気のクラランスのクリームにはどんな口コミがある?
プレゼントとする妊娠線クリームを選びたい場合はどれがいい?
赤ちゃん用品で有名なピジョンの妊娠線クリーム、口コミの評判は?
安い妊娠線予防クリームでも妊娠線は防げる?
エルバビーバの妊娠線予防クリームが口コミで人気の理由
マドンナの妊娠線予防クリームは口コミでどんな評価?
ボディショップの妊娠線予防クリームにはどんな口コミがある?
何を使った?妊娠線予防
キャリネスの妊娠線予防クリーム、効果はどのくらい?