オーガニックの妊娠線予防クリームはなぜ良いの?

オーガニックの妊娠線予防クリームはなぜ良いの?

■オーガニックの妊娠線予防クリームが良いと言われるのはなぜ?

 

オーガニックと聞くと安心できるものというイメージがありますが、妊娠線予防クリーム
はオーガニック製品が良いと言われるのはなぜでしょうか。

 

 

 

「オーガニック」と聞くと、体に優しい、安全なものというイメージがありますよね。
オーガニック製品は、無農薬、無化学肥料で育てられた植物を原料にして作られた製品の
ことなんですよ。

 

 

妊娠線予防クリームにもオーガニックのものがあります。
妊娠中は肌がデリケートになるだけではなく、お腹の赤ちゃんに悪い影響を与えないよう
に注意したいものですね。

 

 

そこで、なるべく体に優しい安全なものを使いたいということで、オーガニック製品や
無添加のものを選ぶ人も多いようです。

 

 

オーガニックと無添加は同じようなイメージもあるかもしれませんが、実は全く別のもの
です。

 

 

オーガニックは、無農薬、無化学肥料で育てられた植物が原料として使われているもの。
無添加というのは、合成保存料や合成着色料などの合成成分が配合されていないものを
言います。

 

 

たとえオーガニック原料を使用していても、合成保存料などの添加物が入っていると
安心できるものとは言えませんよね。

 

 

合成添加物は肌に刺激を与えてしまうものが多く良くないとされているのです。
よってオーガニック製品は無添加にもこだわって作られているものも多いよう。

 

 

妊娠線予防クリームは、たいてい妊婦さんが使うことを目的として開発、販売されて
いますよね。
なので、どちらかというと肌に優しい安全なものが多いと言えます。

 

 

しかしより安全なものを選びたいのであれば、やはりオーガニックで無添加のものが
一番良いのでおすすめです。

 

 

■妊娠中にできれば避けたい成分とは?

 

妊娠線予防クリームはできれば無添加のものがいいと思う人が多いのですが、妊娠中に
避けたい成分にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

妊娠中は肌がとても敏感でデリケートな状態になります。
妊娠線予防クリームなどスキンケア製品は、なるべく肌に優しく安心して使用できるもの
を選びたいですよね。

 

 

妊娠線予防クリームなどに配合されている成分が、肌に刺激を与えるだけではなく、お腹
の赤ちゃんにも影響を与えてしまうことはないとされていますが、できれば避けた方が
いい成分も中にはあるんですよ。

 

・アキュテイン
・トレチノイン
・トルエン
・ハイドロキノン
・パラベン
・サリチル酸

 

 

このような成分は、肌に刺激を与えるため良くないとされています。
特に妊娠中の敏感な肌の場合は、普段なら大丈夫だったのに…なんてこともあるわけです。

 

 

また、経皮から吸収されることによってお腹の赤ちゃんに影響を及ぼす可能性は低い
ものの、全くないわけではありません。
よってこのような成分が含まれている製品はできれば避けたいものです。

 

 

妊娠中は、アロマオイルにも注意が必要です。
気持ちがリラックスする効果が高く、アロマオイルを使用する人も多いことでしょう。
しかし、妊娠中は使用を控えたほうがいいとされているものがあるんですよ。

 

・ペパーミント
・ラベンダー
・ローズマリー
・ローズ
・カモミール
・クラリセージ
・イランイラン

 

 

もし、どうしても使いたいという場合は、専門知識のあるセラピストに相談してみるなど、
注意して利用することをおすすめします。

 

 

■オーガニックの妊娠線予防クリームで人気があるものは?

 

肌に優しく安全なオーガニックの妊娠線予防クリームで人気があるものはどんな商品で
しょうか。

 

 

 

オーガニックで人気のある妊娠線クリームはいくつかありますが、「ベルタマザー
クリーム」がとても人気があるんですよ。

 

 

このクリームはオーガニックだけではなく無添加なんです!
安心して使えるうえに、今話題の「シラノール誘導体」も配合されているんですよ。

 

 

人気の理由は次のとおり。

 

・オーガニックで無添加
・シラノール誘導体を配合
・美容成分を配合
・国内のGMP認定工場で生産

 

 

ベルタマザークリームには、カニナバラ、カンザシ、ノコギリソウ、タチジャコウソウ、
ローズマリ−の5種類がオーガニック原料として使用されています。

 

 

さらに、香料、着色料、石油系界面活性剤、鉱物油、パラペン、シリコン、エタノール、
紫外線吸収剤が全て無添加!

 

 

海外では妊娠線のケアに効果があると実績があり、日本でも注目されている成分、シラ
ノール誘導体が配合されているので、肌の奥までケアしてくれるんですよ。

 

 

ヒアルロン酸やプラセンタ、コラーゲンなどの美容成分や、コエンザイムQ10、葉酸など
も配合されていて、美容効果にも期待できますね。
肌を健康にしてくれる、アミノ酸やビタミンも配合されています。

 

 

また、医薬品製造と同じレベルのGMP認定工場で生産されていて、品質が高く、安全に
もこだわって作られているクリームなんですよ。

 

 

オーガニックで無添加、そして品質が高く安心して使える商品ということでとても人気が
あります。

 

 

妊娠線予防はもちろん、美容効果も期待できる成分がたっぷり配合されていることも
魅力的ですね。

 

 

■オーガニック製品で注意すること

 

オーガニック製品だからと安心して何でも選んでしまうのは良くないと聞いたけど、どの
ようなことに注意すればいいのでしょうか。

 

 

 

オーガニックと聞くとそれだけで安心してしまいますよね。
しかし、天然の成分であれば全て良いというわけではなく、中には肌に刺激があったり、
場合によってはアレルギーを引き起こすこともあるので注意が必要です。

 

 

オーガニックでもそうでないものでも、使用されている成分はきちんと確認することが
大切なんですよ。
そのうえで自分の肌に合ったものを選ぶようにしましょう。



跡になる前にケアしておきたい妊娠線!


「妊娠線予防」
色々なところでよく見かけますよね。


「一人目で大丈夫だったから二人目も特に対策しなくても大丈夫。」
「ドラッグストアの妊娠線予防クリーム塗っといてもできた友達もいるし 運では?」
「高いだけの妊娠線予防クリーム塗っても出来た人はできるのでしょ?」



…私も最初はこんなふうに思っていましたが


普通の保湿クリームで妊娠線予防はできません!


そもそも妊娠線は皮膚が伸びることで皮膚の内部奥深くに亀裂が起きてしまうために 生じるものです。


保湿は皮膚の表面(角質層)の乾燥は防ぐことができますが、奥深くまで 浸透しないため、妊娠線の予防には効果がないのです。


そこで「シラノール誘導体」という成分が注目されています。
海外では妊娠線予防に有名な成分なのですが、最近日本でも注目されるようになりました。


「シラノール誘導体」はコラーゲン層を再構築し、皮膚の弾力性を修復する効果があります。


真皮という皮膚の奥深い層の約70%をコラーゲンが占めています。
この層まで亀裂が入ることで決定的な妊娠線ができてしまうわけです。



コラーゲン層を再構築する鍵となるシラノール誘導体がとっても重要なわけです。



日本で売られれている妊娠線クリームでこのシラノール誘導体が含まれているものは ベルタの妊娠線クリームとだけでした。


妊娠線予防は「早め」の対策が必要です。


妊娠線ができてしまってからはレーザーなどの対処はありますが、消えるまでかなり時間が掛かりますし、最悪跡になって残ることも有ります。








>>後悔しない妊娠線予防クリーム



関連ページ

妊娠線予防クリームで芸能人が使っているものはどれ?
いつから妊娠線予防クリームを塗るのがいいの?
ニベアの青缶で妊娠線予防クリームの代用は可能?
キュレルには妊娠線予防の効果があるの?
オイルとクリーム、妊娠線予防にはどちらが効果的?
市販のクリームで妊娠線予防におすすめのものは?
ナチュラルマークは妊娠線予防に効果があったという口コミがある?
妊娠線予防に効果があるナチュラルサイエンスのクリームとは?
西松屋で買える妊娠線予防クリーム一覧
乳液は妊娠線予防クリームとして代用可能?
ハンドクリームは妊娠線予防クリームとして代用可能?
マタニティ用品で有名な犬印の妊娠線予防クリーム、口コミはどう?
ワセリンは妊娠線予防クリームとして代用可能なの?
薬局で妊娠線予防クリームは売っているの?
妊娠線予防で人気のクラランスのクリームにはどんな口コミがある?
プレゼントとする妊娠線クリームを選びたい場合はどれがいい?
赤ちゃん用品で有名なピジョンの妊娠線クリーム、口コミの評判は?
安い妊娠線予防クリームでも妊娠線は防げる?
エルバビーバの妊娠線予防クリームが口コミで人気の理由
マドンナの妊娠線予防クリームは口コミでどんな評価?
ボディショップの妊娠線予防クリームにはどんな口コミがある?
何を使った?妊娠線予防
キャリネスの妊娠線予防クリーム、効果はどのくらい?