キュレルには妊娠線予防の効果があるの?

キュレルには妊娠線予防の効果があるの?

■キュレルのローションには妊娠線予防の効果がある?

 

敏感肌のために作られたキュレルのローションを使って妊娠線の予防ケアをしている人が
多いようですが、実際に妊娠線の予防効果があるのでしょうか。

 

 

 

花王の「キュレル」は敏感肌や乾燥肌の人のために開発された製品。
スキンケアやヘアケアなどさまざまなものが販売されているんですよ。

 

 

妊娠線予防専用のクリームなどはありませんが、ローションやクリームが妊娠線の予防に
使われていて、特に敏感肌や乾燥肌の妊婦さんに人気があるようです。

 

 

妊娠線専用ではありませんが、なぜ人気があるんでしょうか?
それは、「セラミド」という保湿成分にこだわって作られていて、保湿効果が高いから
なんですよ。

 

 

セラミドは妊娠線予防クリームや保湿クリームに配合されているものも多く、肌の保湿に
必須の成分だと言われています。
セラミドは角層細胞どうしや水分をつなぎとめてくれる働きがあるんですよ。

 

 

特に乾燥肌の人は、セラミドが不足がち。
これを十分に補うことで、肌のバリア機能が高まり健康で肌荒れしにくい状態になるそう。
すると潤った肌になります。

 

 

その結果、妊娠線の予防にもつながっていると考えられます。
人によって異なるものの、妊娠線を予防できた人もいる、というわけなんですね。

 

 

■キュレル ローションの特徴とは?

 

妊娠線予防として使われるキュレルのローションにはどのような特徴があるのでしょうか。

 

 

 

キュレルのメーカー、花王は、敏感肌の人のために、いち早く肌の必須成分「セラミド」
に着目して世界で初めてセラミド機能成分をスキンケア製品に配合したんですって!
そうして、乾燥性敏感肌用のブランドとしてキュレルが誕生したようです。

 

 

中でも妊娠線予防に使われる乳液タイプのローションは次のような特徴があり人気なん
ですよ。

 

・潤浸保湿セラミド機能成分を配合
・弱酸性、無添加、アルコールフリー
・敏感肌の人や赤ちゃんにも使える
・価格が安い

 

 

潤浸保湿セラミド機能成分というのは、独自に開発されたもので、角層のすみずみに
浸透し、セラミドの働きを補う働きがあります。

 

 

これが角層の細胞間を潤いで満たし、外部刺激から肌を守るバリア機能を助け、肌荒れ
しにくい健康な肌に保ってくれるそう。

 

 

もちろん、キュレルは肌に刺激を与える成分などは無添加。
しかも弱酸性でアルコールフリー。
敏感肌の人や赤ちゃんにも安心して使えるんですよ。

 

 

妊娠線の予防によく使われているこの乳液タイプのローション。
クリームもありますが、どちらかというと人気なのはローションのようです。

 

 

ドラッグストアなどで気軽に購入でき、価格も1000円〜1500円前後とお手頃なのも魅力
ですよね。

 

 

■キュレルの口コミ一覧

 

キュレルの人気の秘密は、その使い心地にもあるようですが、どのような口コミがあるの
でしょうか。

 

 

 

「伸びもいいし、ベタつかないのがとても気に入りました。無香料なのでつわり中でも
使えました。妊娠線もできませんでしたよ。」

 

 

「キュレルの乳液タイプのローションを使っています。伸びが良いしローションだけど
保温力はバッチリです。」

 

 

「もともと乾燥肌で、妊娠してからさらに肌が荒れてしまってひどかったのですが、
キュレルのローションを使うようになってからは肌の調子が良くなりました!」

 

 

「キュレルのローションの乳液タイプを使っています。値段が手頃でたっぷり使えて
しっかり保湿できるのでおすすめです。」

 

 

「妊娠線の予防に使っています。クリームではなくミルクローションタイプなので、
しっとりするけどベタつかないのがとても気に入っています。」

 

 

敏感肌の人でも使えること、サラッとしているのに伸びが良くベタつかないこと、価格が
安いのでたっぷり使えることなどが良いという口コミを多く見かけました。

 

 

■キュレルで妊娠線予防の効果がなかった理由は?

 

キュレルで妊娠線が予防できたという人もいる一方で妊娠線ができてしまった、予防の
効果がなかったという人もいるようですが、なぜでしょうか。

 

 

 

口コミを見ると、キュレルで妊娠線が予防できたという人を見かけます。
実際に予防ケアに使う人も多いようなんですが、その一方で、妊娠線ができてしまった、
という人もいるのが現状です。

 

 

そもそも妊娠線ができるかできないかは、個人差があります。
肌質や体質、お腹の大きさなどによっても違います。

 

 

なので、キュレルで妊娠線が予防できたという人もいれば、妊娠線ができてしまった、
という人もいるわけなんですね。

 

 

キュレルはもともと妊娠線予防専用のものではありません。
セラミドの働きを助けて肌の角質層に潤いを与え、保ってくれる効果はあるとされて
いますが、妊娠線を予防する効果としては高いものではないのです。

 

 

一度できてしまったら消えないと言われている妊娠線。
なんとしても予防したい、という人は妊娠線専用のクリームなどを使ってケアした方が
より高い効果を期待できるのでそちらをおすすめします。



跡になる前にケアしておきたい妊娠線!


「妊娠線予防」
色々なところでよく見かけますよね。


「一人目で大丈夫だったから二人目も特に対策しなくても大丈夫。」
「ドラッグストアの妊娠線予防クリーム塗っといてもできた友達もいるし 運では?」
「高いだけの妊娠線予防クリーム塗っても出来た人はできるのでしょ?」



…私も最初はこんなふうに思っていましたが


普通の保湿クリームで妊娠線予防はできません!


そもそも妊娠線は皮膚が伸びることで皮膚の内部奥深くに亀裂が起きてしまうために 生じるものです。


保湿は皮膚の表面(角質層)の乾燥は防ぐことができますが、奥深くまで 浸透しないため、妊娠線の予防には効果がないのです。


そこで「シラノール誘導体」という成分が注目されています。
海外では妊娠線予防に有名な成分なのですが、最近日本でも注目されるようになりました。


「シラノール誘導体」はコラーゲン層を再構築し、皮膚の弾力性を修復する効果があります。


真皮という皮膚の奥深い層の約70%をコラーゲンが占めています。
この層まで亀裂が入ることで決定的な妊娠線ができてしまうわけです。



コラーゲン層を再構築する鍵となるシラノール誘導体がとっても重要なわけです。



日本で売られれている妊娠線クリームでこのシラノール誘導体が含まれているものは ベルタの妊娠線クリームとだけでした。


妊娠線予防は「早め」の対策が必要です。


妊娠線ができてしまってからはレーザーなどの対処はありますが、消えるまでかなり時間が掛かりますし、最悪跡になって残ることも有ります。








>>後悔しない妊娠線予防クリーム



関連ページ

妊娠線予防クリームで芸能人が使っているものはどれ?
いつから妊娠線予防クリームを塗るのがいいの?
ニベアの青缶で妊娠線予防クリームの代用は可能?
オーガニックの妊娠線予防クリームはなぜ良いの?
オイルとクリーム、妊娠線予防にはどちらが効果的?
市販のクリームで妊娠線予防におすすめのものは?
ナチュラルマークは妊娠線予防に効果があったという口コミがある?
妊娠線予防に効果があるナチュラルサイエンスのクリームとは?
西松屋で買える妊娠線予防クリーム一覧
乳液は妊娠線予防クリームとして代用可能?
ハンドクリームは妊娠線予防クリームとして代用可能?
マタニティ用品で有名な犬印の妊娠線予防クリーム、口コミはどう?
ワセリンは妊娠線予防クリームとして代用可能なの?
薬局で妊娠線予防クリームは売っているの?
妊娠線予防で人気のクラランスのクリームにはどんな口コミがある?
プレゼントとする妊娠線クリームを選びたい場合はどれがいい?
赤ちゃん用品で有名なピジョンの妊娠線クリーム、口コミの評判は?
安い妊娠線予防クリームでも妊娠線は防げる?
エルバビーバの妊娠線予防クリームが口コミで人気の理由
マドンナの妊娠線予防クリームは口コミでどんな評価?
ボディショップの妊娠線予防クリームにはどんな口コミがある?
何を使った?妊娠線予防
キャリネスの妊娠線予防クリーム、効果はどのくらい?