ニベアの青缶で妊娠線予防クリームの代用は可能?

ニベアの青缶で妊娠線予防クリームの代用は可能?

■妊娠線予防クリームはニベアの青缶でも代用可能?

 

安くて人気のニベア青缶は妊娠線予防に使う人もいるようですが、果たして実際に効果が
あるのでしょうか。

 

 

 

ニベアの青缶は、誰もが知っている昔から親しまれている有名な商品ですよね。
妊娠線予防のためにニベアの青缶を使う人もいるようなんです。

 

 

最近では、セレブ御用達の高級クリームと成分が似ているという口コミが広がり、さらに
人気が出ているようなんですよ。
しかも値段が500円程度と、とても安いのも魅力です。

 

 

それに比べて妊娠線予防専用のオイルやクリームは、値段が高いですよね。
やはりそれだけ効果に違いがあるということなのでしょうか。

 

 

実際にニベアには妊娠線の予防効果があるのでしょうか?
まず、含まれている主な成分を調べてみました。

 

 

・ミネラルオイル
・ワセリン
・パラフィン
・スクワラン
・ホホバ

 

 

こうして見てみると、油分でコーティングして肌の乾燥を防ぐ効果のあるシンプルな
クリームであることがわかります。
保湿成分も配合されていいるので、保湿ケアもできますね。

 

 

妊娠線の予防で大切なのは、保湿であることに間違いありませんが、ただ保湿して肌を
乾燥から守ることだけでは、きちんと予防することは難しいんですよ。

 

 

なので、ニベアの青缶は肌の乾燥を防ぎ、保湿効果もありますが、妊娠線の予防効果が
高いものではないと言えます。

 

 

実際に試した人の口コミを見てみると、妊娠線ができなかったという人もいますが、
妊娠線ができてしまったという人もたくさんいるのが現状です。

 

 

■ニベアの青缶では妊娠線を予防できない理由とは?

 

ニベアの青缶は保湿効果は期待できそうですが、妊娠線を予防するクリームとして
不十分な理由は何でしょうか。

 

 

 

妊娠線を予防するためには、保湿ケアが基本になりますが、それだけでは不十分です。
潤いがあり、伸びの良い皮膚にしなければなりません。

 

 

たっぷり保湿することで皮膚が柔らかくなり、弾力のある状態になります。
するとお腹が急激に大きくなっても伸びやすくなり妊娠線ができにくくなるというわけ
なんですよ。

 

 

これだけで良いならニベアでも十分効果がありそうな感じですよね。
他にも保湿できるクリームでも良いのかな、とも思ってしまいます。

 

 

では、なぜニベアの青缶ではきちんと予防できないのでしょうか?
実は、妊娠線専用のクリームとただ保湿するクリームとでは、大きな違いがあるんです。

 

 

それは、「肌の内部、真皮まで浸透するかどうか」

 

 

これが妊娠線を予防できるかどうかの重要なポイントなんですよ。
妊娠線予防の専用クリームは、肌の内部まで浸透してケアしてくれる成分が配合されて
いるものが多いのです。

 

 

それに比べて、ニベアの青缶は肌の表面しかケアできないというわけです。
また、ニベアには香料など添加物も含まれていますよね。

 

 

妊娠線の専用クリームには無添加のものが多く、妊娠中の敏感な肌に優しい成分で
作られていて安心なんですよ。

 

 

■妊娠線予防に効くクリームはどんなものを選ぶと良い?

 

妊娠線を予防するクリームを選ぶポイントとは何でしょうか。

 

 

 

妊娠線予防クリームとして販売されているものはたくさんあるので、どれを選べば良い
のか迷ってしまいますよね。
そこで、選ぶときに大切なポイントをご紹介します。

 

 

・保湿効果が高いこと

 

妊娠線予防のためには何と言っても保湿が重要です。
なので、保湿効果が高いものを選ぶようにしましょう。

 

 

保湿だけではなく、コラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分も配合されているもの
であれば、より効果的でおすすめです。

 

 

・低刺激で肌に優しいこと

 

妊娠中は肌がとてもデリケートになります。
また、つわりで匂いに敏感になることもありますよね。
なるべく肌に刺激を与える成分が含まれるものを避け、無添加のものをおすすめします。

 

 

・値段が負担にならないこと

 

妊娠線の予防は毎日のケアがとても重要です。
なので、毎日たっぷり使えることが大切なんですよ。

 

 

値段が高すぎるものでは、どうしても使う量が気になったり少量にしてしまうことも。
それでは、十分に予防効果を得ることができませんね。
毎日たっぷり塗っても気にならない値段のクリームを選ぶことも大切ですよ!

 

 

■妊娠線を予防するために注意すること

 

妊娠線をしっかり予防するためには専用クリームを塗ること以外にも注意しなければ
ならないことがありますが、それは何でしょうか。

 

 

 

妊娠線はできてしまった後で消すことができないと言われています。
できればきちんとケアして予防したいものですよね。

 

 

そのために、専用クリームなどを使ってケアすることは大事なのですが、他にも次の
ようなことに注意しなければならないんですよ。

 

 

・妊娠線ができるのはお腹だけではない
・自己流で塗らない
・最後まで気を抜かない

 

 

まず、妊娠線はお腹だけにできるものではないことに注意しなければなりません。
大きくなるお腹はもちろん、胸や太もも、お尻などにもできますよ。

 

 

お腹や胸は鏡を見るとよく見えるので目立ちますが、見えないお尻や太ももの裏側などは
特に注意しましょう。
気づいた時には妊娠線ができてしまっていてびっくり!ということになりかねません。

 

 

それを防ぐためにも、正しい方法で塗りましょう。
自己流だときちんとケアできていない箇所があったり見落としにつながります。

 

 

臨月になると、お腹は一気に大きくなります。
毎日続けてきたケアを、あと少しのところで中断してしまうと妊娠線ができてしまいます。
1日や2日なら大丈夫、と気を抜いてしまうと後で後悔することになるのでご注意を!



跡になる前にケアしておきたい妊娠線!


「妊娠線予防」
色々なところでよく見かけますよね。


「一人目で大丈夫だったから二人目も特に対策しなくても大丈夫。」
「ドラッグストアの妊娠線予防クリーム塗っといてもできた友達もいるし 運では?」
「高いだけの妊娠線予防クリーム塗っても出来た人はできるのでしょ?」



…私も最初はこんなふうに思っていましたが


普通の保湿クリームで妊娠線予防はできません!


そもそも妊娠線は皮膚が伸びることで皮膚の内部奥深くに亀裂が起きてしまうために 生じるものです。


保湿は皮膚の表面(角質層)の乾燥は防ぐことができますが、奥深くまで 浸透しないため、妊娠線の予防には効果がないのです。


そこで「シラノール誘導体」という成分が注目されています。
海外では妊娠線予防に有名な成分なのですが、最近日本でも注目されるようになりました。


「シラノール誘導体」はコラーゲン層を再構築し、皮膚の弾力性を修復する効果があります。


真皮という皮膚の奥深い層の約70%をコラーゲンが占めています。
この層まで亀裂が入ることで決定的な妊娠線ができてしまうわけです。



コラーゲン層を再構築する鍵となるシラノール誘導体がとっても重要なわけです。



日本で売られれている妊娠線クリームでこのシラノール誘導体が含まれているものは ベルタの妊娠線クリームとだけでした。


妊娠線予防は「早め」の対策が必要です。


妊娠線ができてしまってからはレーザーなどの対処はありますが、消えるまでかなり時間が掛かりますし、最悪跡になって残ることも有ります。








>>後悔しない妊娠線予防クリーム



関連ページ

妊娠線予防クリームで芸能人が使っているものはどれ?
いつから妊娠線予防クリームを塗るのがいいの?
キュレルには妊娠線予防の効果があるの?
オーガニックの妊娠線予防クリームはなぜ良いの?
オイルとクリーム、妊娠線予防にはどちらが効果的?
市販のクリームで妊娠線予防におすすめのものは?
ナチュラルマークは妊娠線予防に効果があったという口コミがある?
妊娠線予防に効果があるナチュラルサイエンスのクリームとは?
西松屋で買える妊娠線予防クリーム一覧
乳液は妊娠線予防クリームとして代用可能?
ハンドクリームは妊娠線予防クリームとして代用可能?
マタニティ用品で有名な犬印の妊娠線予防クリーム、口コミはどう?
ワセリンは妊娠線予防クリームとして代用可能なの?
薬局で妊娠線予防クリームは売っているの?
妊娠線予防で人気のクラランスのクリームにはどんな口コミがある?
プレゼントとする妊娠線クリームを選びたい場合はどれがいい?
赤ちゃん用品で有名なピジョンの妊娠線クリーム、口コミの評判は?
安い妊娠線予防クリームでも妊娠線は防げる?
エルバビーバの妊娠線予防クリームが口コミで人気の理由
マドンナの妊娠線予防クリームは口コミでどんな評価?
ボディショップの妊娠線予防クリームにはどんな口コミがある?
何を使った?妊娠線予防
キャリネスの妊娠線予防クリーム、効果はどのくらい?