いつから妊娠線予防クリームを塗るのがいいの?

いつから妊娠線予防クリームを塗るのがいいの?

■妊娠線予防クリームはいつから塗るのがいいの?

 

妊娠線予防クリームは妊娠何ヶ月ぐらいから塗るのがいいのでしょうか?

 

 

 

妊娠線予防クリームは、お腹が大きくなって目立ち始める妊娠4〜5ヶ月目くらいから
塗り始めるのがいいとされています。

 

 

それまでは、つわりなどで体調が良くないこともあり、急に体重が増えることはあまり
ありませんね。
お腹も目立って大きくなりませんので、妊娠線をそんなに心配しなくても大丈夫です。

 

 

しかし、お腹は急激に大きくなることがあり個人差もあるので可能であれば妊娠初期から
早めにケアしましょう。
つわりや体調不良が治まり、お腹が大きくなり始める前には塗り始めた方が良いでしょう。

 

 

また、妊娠線ケアは出産まで毎日続けることが大切なんですよ。
お腹が大きくなっても妊娠線ができていないと安心して1、2日ぐらいなら大丈夫だろうと
ケアを怠ったために妊娠線ができたという話も聞きます。

 

 

しっかりと保湿して皮膚が急激に伸びても対応できるように準備することが予防の秘訣。
途中で気を抜かないようにすることも大切です。

 

 

■妊娠線はなぜできるの?

 

一度できてしまうと消すのが難しいと言われている妊娠線はなぜできるのでしょうか。

 

 

 

妊娠中はお腹はもちろん、胸や二の腕、太もも、お尻などが大きくなりますよね。
皮膚はある程度伸び縮みするので引っ張られても対応できるのですが、皮膚の下にある
皮下組織は、そのような対応ができません。

 

 

妊娠線は、この皮下組織である真皮のコラーゲン繊維が急激に引っ張られることに耐え
きれず、裂けてしまうことによってできるのです。

 

 

ただでさえ妊娠中はホルモンの影響もあって肌が敏感になり、乾燥しやすくなります。
そして弾力も衰えてしまいます。
そんなデリケートな状態なのに、皮膚が急激に引っ張られるわけです。

 

 

臨月になると、想像以上にお腹は大きくなります。
皮膚ってこんなに伸びるものなんだ!なんて、びっくりするほどです。
それに耐えられる状態にしておかなければ妊娠線はできてしまうのです。

 

 

■妊娠線ができるかできないかは個人差がある

 

妊娠線ができなかったという人もいるようですが、なぜできてしまう人とそうでない人が
いるのでしょうか。

 

 

 

妊娠線に関する口コミを見てみると、妊娠線のことはあまり気にならなかった、何も
しなかったが妊娠線はできなかった、なんていう人もいるようです。

 

 

また、妊娠線予防の専用クリームではなく普通の保湿クリームを使って妊娠線の予防が
できた、という人を見かけます。

 

 

その一方で、妊娠線専用のクリームを使っていたのに妊娠線ができてしまった、という
口コミもあるんですよ。
これは一体どういうことなんでしょうか?

 

 

実は、妊娠線ができるかどうかは、体質や肌質など個人差があるんです。
年齢によっても肌の状態は違うので差が出てきます。
お腹が大きくなる程度によっても個人差がありますよね。

 

 

妊娠によって体重の増加が激しい人とそうでない人もいるわけです。
体重があまり増えない人は、妊娠線ができにくいと言われています。

 

 

妊娠中は皮下脂肪がつきやすいので、体重がたくさん増えるということは皮下脂肪が
その分増えてしまうのです。
皮下脂肪は伸びにくいので裂けてしまい妊娠線ができやすいというわけなんですね。

 

 

お腹がどれくらい大きくなるかは人それぞれ。
お腹が少ししか大きくならない場合は、その分皮膚がひっぱられなくて済みますよね。
それによって、妊娠線ができやすいかそうでないかが違ってくるわけです。

 

 

■妊娠線ができやすい人とは?

 

妊娠線ができやすい人にはどのような特徴があるのでしょうか。

 

 

 

ここで、妊娠線ができやすいのはどのような人なのか、詳しく見てみましょう。

 

・普段から乾燥肌の人

 

普段から乾燥肌の場合は、妊娠によるホルモンの影響で肌がさらに乾燥してしまいます。
乾燥がひどくなると皮膚は弾力がなく伸びにくい状態になり妊娠線ができやすくなります。

 

 

・小柄な人

 

小柄な人はお腹の表面積が小さいですよね。
かと言って、お腹の赤ちゃんが小さく育つわけではありません。
表面積が小さい分、皮膚に強い負担がかかります。

 

 

・もともと太っている人

 

皮下脂肪は伸びにくいので、もともと太っていて皮下脂肪が多い人は、皮膚が伸びる
妨げとなってしまい、妊娠線ができやすくなります。

 

 

・経産婦の人

 

出産を経験している場合、子宮が大きくなりやすいと言われています。
そのためお腹も大きくなりやすく、妊娠線もできやすくなります。

 

 

また、最初の妊娠の時に妊娠線ができなかったという安心感からか、きちんと予防ケア
しないで過ごしてしまう人もいるようなので注意が必要です。

 

 

最初の妊娠よりも歳をとっていて肌の状態が違い、皮膚の伸びが悪くなっていることも
妊娠線ができやすくなる理由の一つなんですよ。

 

 

・双子などの多胎児妊娠

 

双子や三つ子などの多胎児を妊娠した場合は、子宮やお腹がそれだけ大きくなります。
そのため子宮やお腹の皮膚はとても強い力で引っ張られます。

 

 

妊娠線は1人の胎児でもできやすくなるもの。
多胎児の場合はよりいっそうの注意と予防ケアが必要となります。

 

 

このような場合に当てはまる人は、特に予防ケアを行って妊娠線を防ぐように心がける
必要があるので注意しましょう。



跡になる前にケアしておきたい妊娠線!


「妊娠線予防」
色々なところでよく見かけますよね。


「一人目で大丈夫だったから二人目も特に対策しなくても大丈夫。」
「ドラッグストアの妊娠線予防クリーム塗っといてもできた友達もいるし 運では?」
「高いだけの妊娠線予防クリーム塗っても出来た人はできるのでしょ?」



…私も最初はこんなふうに思っていましたが


普通の保湿クリームで妊娠線予防はできません!


そもそも妊娠線は皮膚が伸びることで皮膚の内部奥深くに亀裂が起きてしまうために 生じるものです。


保湿は皮膚の表面(角質層)の乾燥は防ぐことができますが、奥深くまで 浸透しないため、妊娠線の予防には効果がないのです。


そこで「シラノール誘導体」という成分が注目されています。
海外では妊娠線予防に有名な成分なのですが、最近日本でも注目されるようになりました。


「シラノール誘導体」はコラーゲン層を再構築し、皮膚の弾力性を修復する効果があります。


真皮という皮膚の奥深い層の約70%をコラーゲンが占めています。
この層まで亀裂が入ることで決定的な妊娠線ができてしまうわけです。



コラーゲン層を再構築する鍵となるシラノール誘導体がとっても重要なわけです。



日本で売られれている妊娠線クリームでこのシラノール誘導体が含まれているものは ベルタの妊娠線クリームとだけでした。


妊娠線予防は「早め」の対策が必要です。


妊娠線ができてしまってからはレーザーなどの対処はありますが、消えるまでかなり時間が掛かりますし、最悪跡になって残ることも有ります。








>>後悔しない妊娠線予防クリーム



関連ページ

妊娠線予防クリームで芸能人が使っているものはどれ?
ニベアの青缶で妊娠線予防クリームの代用は可能?
キュレルには妊娠線予防の効果があるの?
オーガニックの妊娠線予防クリームはなぜ良いの?
オイルとクリーム、妊娠線予防にはどちらが効果的?
市販のクリームで妊娠線予防におすすめのものは?
ナチュラルマークは妊娠線予防に効果があったという口コミがある?
妊娠線予防に効果があるナチュラルサイエンスのクリームとは?
西松屋で買える妊娠線予防クリーム一覧
乳液は妊娠線予防クリームとして代用可能?
ハンドクリームは妊娠線予防クリームとして代用可能?
マタニティ用品で有名な犬印の妊娠線予防クリーム、口コミはどう?
ワセリンは妊娠線予防クリームとして代用可能なの?
薬局で妊娠線予防クリームは売っているの?
妊娠線予防で人気のクラランスのクリームにはどんな口コミがある?
プレゼントとする妊娠線クリームを選びたい場合はどれがいい?
赤ちゃん用品で有名なピジョンの妊娠線クリーム、口コミの評判は?
安い妊娠線予防クリームでも妊娠線は防げる?
エルバビーバの妊娠線予防クリームが口コミで人気の理由
マドンナの妊娠線予防クリームは口コミでどんな評価?
ボディショップの妊娠線予防クリームにはどんな口コミがある?
何を使った?妊娠線予防
キャリネスの妊娠線予防クリーム、効果はどのくらい?