ワセリンは妊娠線予防クリームとして代用可能なの?

ワセリンは妊娠線予防クリームとして代用可能なの?

■妊娠線の予防にワセリンは代用できる?

 

妊娠線の予防にワセリンを使っている人も多いと聞きますが、本当に代用できるので
しょうか?

 

 

 

妊娠線予防のケアに、ワセリンを使っているという人がいます。
ワセリンは肌から水分の蒸発を防いでくれる働きがあり、妊娠線予防に限らず乾燥を防ぐ
保護クリームとして多くの人が利用しているんですよ。

 

 

ワセリンは、皮膚に油分を与えて肌の水分の蒸発を防いで乾燥から守ってくれます。
化粧品の原料になったり、リップクリームなどのさまざまスキンケア製品にワセリンが
配合されていることもあります。

 

 

妊娠線の予防は肌の保湿がとても大事ですよね。
なので肌を乾燥から守ってくれるワセリンは、保湿できるという点では妊娠線の予防ケア
にもなるかもしれません。

 

 

しかしそれはあくまでも表面的なケアに過ぎません。
ワセリンは、肌の表面の乾燥を防ぐだけのものなので、肌の内部の真皮までケアする必要
がある妊娠線を予防するには、決して十分なものではないと言えます。

 

 

妊娠線ができやすい人、できにくい人、それぞれ肌質や体質などによって差があります。
ワセリンで妊娠線が予防できた、という人は、肌の乾燥を防ぎさえすれば大丈夫な肌質
だったということかもしれません。

 

 

妊娠線ができないようにしっかり予防したい、という人はワセリンでは不十分。
やはり肌の内部まで浸透しケアしてくれる成分が配合された、妊娠線専用のクリームを
使った方が良いでしょう。

 

 

■ワセリンはなぜそんなに人気なの?

 

妊娠線クリームとしても使われるワセリンは、さまざまなスキンケアに使用されていて、
とても人気がありますが、なぜでしょうか。

 

 

 

ワセリンは、妊娠線予防ケアに限らず、スキンケアには欠かせないアイテムとなって
いるんですよ。

 

 

一般的に販売されているものは、黄色っぽい色をしたものが多いですが、白色ワセリンと
いう名前で販売されているものは、不純物を取り除いた純度が高いものになります。
妊娠線の予防に使用されているのは、この白色ワセリンの方が多いようです。

 

 

ワセリンが人気の理由は次のようなことが挙げられます。

 

・皮膚疾患にも使われるため安心できる
・添加物が配合されていない
・価格が安く気軽に買える
・全身に使える
・赤ちゃんにも使える

 

 

白色ワセリンは、アトピー性皮膚炎など皮膚疾患において、肌を乾燥から守るために利用
されているんですよ。

 

 

また、肌に刺激を与える香料などの添加物は配合されていないため、妊娠中のデリケート
な肌にも安心して使うことができるということもあり人気があると言えます。

 

 

値段も安価で、ドラッグストアなどで気軽に買うことができます。
妊娠線ができやすいお腹だけではなく、リップクリームとして使ったり、ハンドケアや
カサカサしたかかとにも使えるなど、全身に使うことができることも人気の理由。

 

 

赤ちゃんにも使えるため、産後も大活躍するという声もあります。
中にはできてしまった妊娠線に塗って薄くした、なんていう人も見かけました。

 

 

余計なものが配合されていないとてもシンプルなものなので、他の保湿クリームなどと
混ぜて使う人もいるよう。
自分の肌の状態に合わせてそのようにアレンジできるのも魅力のようです。

 

 

■ワセリンを使って妊娠線が予防できたという口コミ

 

実際にワセリンを塗って妊娠線が予防できたという人はいるのでしょうか。

 

 

 

「無香料、無着色の不純物がないものがよくて白色ワセリンを使いました。妊娠線が
できなかったのでビックリしました。」

 

 

「妊娠線予防に塗ったら本当に妊娠線ができませんでした!妊娠線予防の高いクリーム
より断然安くて気にせずたっぷり塗れるのがよかったです。」

 

 

「塗りにくいしちょっとベタつきますが、保湿効果はバツグンでちゃんと妊娠線の予防が
できました。」

 

 

妊娠線専用のクリームのように、伸びがいいなど使い心地が決して良いとは言えないよう
でしたが、確かにワセリンで妊娠線を予防できた、という人はいるようですね。

 

 

■妊娠線の予防に必要なものとは?

 

高価な妊娠線専用クリームで妊娠線ができてしまった人もいれば、お手頃価格のワセリン
で妊娠線が防げたという人もいますが、妊娠線の予防に必要なものとは何でしょうか。

 

 

 

高価な妊娠線専用のクリームを毎日塗り続けたにもかかわらず、妊娠線ができてしまった、
という話を聞きます。
一方で、価格が安いワセリンやニベアの青缶などでも妊娠線ができなかった、という人も。

 

 

なぜ、このようなことが起きてしまうのでしょうか?
妊娠線の予防に必要なことを確認してみました。

 

 

・十分な保湿
・伸びが良く弾力のある皮膚であること
・急激な体重増加を避ける

 

 

十分に保湿することが一番大事ですが、それだけでは妊娠線ができてしまう可能性も。
もともと肌が硬い人や体重が急激に増えすぎてしまった場合など、保湿だけでは妊娠線は
防げないのです。

 

 

逆に、もともと肌が柔らかく、弾力もあり、お腹もそれほど大きくならなかった、なんて
いう人は、保湿をしっかりやっただけで妊娠線を防げる場合もあります。

 

 

このように、妊娠線は、人それぞれ肌質や体質、お腹の大きさ、体重の増え方などで
できるかできないかが大きく左右されるんですよ。
しかし、前もって妊娠線ができるかできないか、なんてわかりませんよね。

 

 

なので、しっかりと妊娠線を予防したいという人は、予防効果の高い成分が配合されて
いる妊娠線専用のクリームを使うことをおすすめします。

 

 

たとえばシラノール誘導体が配合されているクリームは、肌の内部、真皮まで浸透して
妊娠線をしっかりケアしてくれます。

 

 

一度できてしまうと完全に消すのは難しいと言われる妊娠線。
できる前にしっかり予防したいものですね。



跡になる前にケアしておきたい妊娠線!


「妊娠線予防」
色々なところでよく見かけますよね。


「一人目で大丈夫だったから二人目も特に対策しなくても大丈夫。」
「ドラッグストアの妊娠線予防クリーム塗っといてもできた友達もいるし 運では?」
「高いだけの妊娠線予防クリーム塗っても出来た人はできるのでしょ?」



…私も最初はこんなふうに思っていましたが


普通の保湿クリームで妊娠線予防はできません!


そもそも妊娠線は皮膚が伸びることで皮膚の内部奥深くに亀裂が起きてしまうために 生じるものです。


保湿は皮膚の表面(角質層)の乾燥は防ぐことができますが、奥深くまで 浸透しないため、妊娠線の予防には効果がないのです。


そこで「シラノール誘導体」という成分が注目されています。
海外では妊娠線予防に有名な成分なのですが、最近日本でも注目されるようになりました。


「シラノール誘導体」はコラーゲン層を再構築し、皮膚の弾力性を修復する効果があります。


真皮という皮膚の奥深い層の約70%をコラーゲンが占めています。
この層まで亀裂が入ることで決定的な妊娠線ができてしまうわけです。



コラーゲン層を再構築する鍵となるシラノール誘導体がとっても重要なわけです。



日本で売られれている妊娠線クリームでこのシラノール誘導体が含まれているものは ベルタの妊娠線クリームとだけでした。


妊娠線予防は「早め」の対策が必要です。


妊娠線ができてしまってからはレーザーなどの対処はありますが、消えるまでかなり時間が掛かりますし、最悪跡になって残ることも有ります。








>>後悔しない妊娠線予防クリーム



関連ページ

妊娠線予防クリームで芸能人が使っているものはどれ?
いつから妊娠線予防クリームを塗るのがいいの?
ニベアの青缶で妊娠線予防クリームの代用は可能?
キュレルには妊娠線予防の効果があるの?
オーガニックの妊娠線予防クリームはなぜ良いの?
オイルとクリーム、妊娠線予防にはどちらが効果的?
市販のクリームで妊娠線予防におすすめのものは?
ナチュラルマークは妊娠線予防に効果があったという口コミがある?
妊娠線予防に効果があるナチュラルサイエンスのクリームとは?
西松屋で買える妊娠線予防クリーム一覧
乳液は妊娠線予防クリームとして代用可能?
ハンドクリームは妊娠線予防クリームとして代用可能?
マタニティ用品で有名な犬印の妊娠線予防クリーム、口コミはどう?
薬局で妊娠線予防クリームは売っているの?
妊娠線予防で人気のクラランスのクリームにはどんな口コミがある?
プレゼントとする妊娠線クリームを選びたい場合はどれがいい?
赤ちゃん用品で有名なピジョンの妊娠線クリーム、口コミの評判は?
安い妊娠線予防クリームでも妊娠線は防げる?
エルバビーバの妊娠線予防クリームが口コミで人気の理由
マドンナの妊娠線予防クリームは口コミでどんな評価?
ボディショップの妊娠線予防クリームにはどんな口コミがある?
何を使った?妊娠線予防
キャリネスの妊娠線予防クリーム、効果はどのくらい?