ハンドクリームは妊娠線予防クリームとして代用可能?

ハンドクリームは妊娠線予防クリームとして代用可能?

■妊娠線予防にハンドクリームは代用可能?

 

妊娠線予防クリームとしてハンドクリームを代用することは可能なのでしょうか。

 

 

 

妊娠線予防クリームとして、ハンドクリームを使っている人もいるようです。
ハンドクリームと言っても、手につけるだけでなく体全体に使えるものも中には
ありますよね。

 

 

保湿成分や美容成分がたっぷり入っているものもあり、妊娠線の予防効果も期待でき
そうな気がします。
実際にハンドクリームで妊娠線が予防できた、という人はいるのでしょうか?

 

 

口コミなどを見てみると、ハンドクリームで妊娠線を予防できた、という人はあまり
見かけない気がします。

 

 

もし、予防できた人がいたとしても、ハンドクリームが妊娠線の予防にいいというわけ
ではありません。

 

 

妊娠線は体質や肌質、お腹の大きさなどによってできやすい場合もできにくい場合もあり、
個人差がとても大きいもの。

 

 

ハンドクリームで妊娠線を防げた、という人は妊娠線がたまたまできにくい体質、肌質
だったという可能性も考えられるんですよ。

 

 

単なる保湿はできるかもしれませんが、妊娠線の予防に必要な成分などが十分に含まれて
いるわけではないため、妊娠線予防クリームの代用としてハンドクリームを使うのは
あまりおすすめしません。

 

 

■ハンドクリームで妊娠線をしっかり予防できない理由

 

保湿ができるハンドクリームではなぜ妊娠線をしっかり予防することができないので
しょうか。

 

 

 

妊娠線の予防にはまず保湿が大事です。
ハンドクリームは肌の表面を保湿してケアすることができますが、肌の内部までは
ケアできませんよね。

 

 

妊娠線を予防するためには、肌の内部、真皮までのケアが必要。
いくら表面だけを保湿していても、内部のケアがしっかりできていないと急激に大き
なるお腹に耐え切れず妊娠線はできてしまうんですね。

 

 

また、妊娠線ができるかどうかは事前にはわかりませんよね。
ハンドクリームの表面的な保湿だけで妊娠線が防げる可能性がないとは言えませんが、
妊娠線ができてしまってから後悔することも十分あるのです。

 

 

ハンドクリームとは違い、妊娠線専用クリームは妊娠線をできにくくするために必要な
成分が使われています。

 

 

妊娠線をしっかり予防したい場合は、ハンドクリームではなく、妊娠線のことをよく
研究して作られている妊娠線予防専用クリームを使うことをおすすめします。

 

 

■ハンドクリームにはどのような成分が入っているの?

 

保湿効果のあるハンドクリームにはどのような成分が入っているのでしょうか。

 

 

 

ハンドクリームに使われている成分はいくつかありますが、よく使われている成分は
次のようなものがあります。

 

・尿素
・ヒアルロン酸
・シアバター
・セラミド

 

 

尿素は角質の潤いを保ち、乾燥した肌や硬くなってしまった肌を柔らかくします。
ただ、傷などがあるとしみる成分なので、塗った時にヒリヒリすることも。
お腹に塗る場合にも注意が必要です。

 

 

ヒアルロン酸はとても高い保湿力、水分保持力をもっている成分。
肌にハリを与えてしわなども防いでくれる効果があります。
赤ちゃんの肌がプルプルなのは、このヒアルロン酸が豊富だからなんですよ!

 

 

シアの実から採れるシアバターは、ビタミンEが豊富。
保湿だけではなく、肌を柔らかくしたり、皮膚を再生する働きなどもあるんです。

 

 

セラミドは、角質層の細胞と細胞の間にある脂質成分。
保湿だけでなく、外部の刺激から肌を守ってくれます。

 

 

他にもさまざまな成分がハンドクリームに使われていますが、保湿効果や美容効果が高い
成分がたくさん含まれているものは、値段がそれだけ高くなります。

 

 

■ハンドクリームとボディクリームは何が違う?

 

保湿という点では似たような働きのあるハンドクリームとボディクリームは、どう違うの
でしょうか。

 

 

 

ハンドクリームは、そのほとんどが手に塗るために作られているもの。
手は他の部分よりも外部からの刺激を受ける機会が多く、水を使うことで皮脂が流れて
しまいがちなので、油分が多めになっています。

 

 

ボディクリームと比べると、水分量が少ないんですね。
そのためお腹に塗る時に伸びにくく、塗りにくい可能性があるので注意が必要です。

 

 

伸びが良くないということは、その分、量をたくさん使うことになります。
あまり経済的ではありませんね。

 

 

また、お腹を強い力でマッサージするのも良くありません。
お腹が張ってしまったりするので、妊娠線予防ケアはできればやさしく塗るだけで
済ませたいもの。

 

 

ハンドクリームに比べてボディークリームは使用面積が広いということもあり伸びやすく
塗りやすいように作られているんですよ。
使い心地もボディクリームの方がベタつかずサラッとしていて良いものが多いです。

 

 

このように見てみると、ハンドクリームはやはり妊娠線予防ケアには適していないような
気がします。

 

 

一方のボディクリームは、妊娠線予防専用クリームに比べると効果は劣るものの、ハンド
クリームよりは良さそうですね。

 

 

妊婦さんのデリケートなお腹や肌などを考えて作られている妊娠線予防専用クリーム。
できてしまってからでは消えない妊娠線をしっかり防ぐためには、専用のものを使った
方が良いでしょう。



跡になる前にケアしておきたい妊娠線!


「妊娠線予防」
色々なところでよく見かけますよね。


「一人目で大丈夫だったから二人目も特に対策しなくても大丈夫。」
「ドラッグストアの妊娠線予防クリーム塗っといてもできた友達もいるし 運では?」
「高いだけの妊娠線予防クリーム塗っても出来た人はできるのでしょ?」



…私も最初はこんなふうに思っていましたが


普通の保湿クリームで妊娠線予防はできません!


そもそも妊娠線は皮膚が伸びることで皮膚の内部奥深くに亀裂が起きてしまうために 生じるものです。


保湿は皮膚の表面(角質層)の乾燥は防ぐことができますが、奥深くまで 浸透しないため、妊娠線の予防には効果がないのです。


そこで「シラノール誘導体」という成分が注目されています。
海外では妊娠線予防に有名な成分なのですが、最近日本でも注目されるようになりました。


「シラノール誘導体」はコラーゲン層を再構築し、皮膚の弾力性を修復する効果があります。


真皮という皮膚の奥深い層の約70%をコラーゲンが占めています。
この層まで亀裂が入ることで決定的な妊娠線ができてしまうわけです。



コラーゲン層を再構築する鍵となるシラノール誘導体がとっても重要なわけです。



日本で売られれている妊娠線クリームでこのシラノール誘導体が含まれているものは ベルタの妊娠線クリームとだけでした。


妊娠線予防は「早め」の対策が必要です。


妊娠線ができてしまってからはレーザーなどの対処はありますが、消えるまでかなり時間が掛かりますし、最悪跡になって残ることも有ります。








>>後悔しない妊娠線予防クリーム



関連ページ

妊娠線予防クリームで芸能人が使っているものはどれ?
いつから妊娠線予防クリームを塗るのがいいの?
ニベアの青缶で妊娠線予防クリームの代用は可能?
キュレルには妊娠線予防の効果があるの?
オーガニックの妊娠線予防クリームはなぜ良いの?
オイルとクリーム、妊娠線予防にはどちらが効果的?
市販のクリームで妊娠線予防におすすめのものは?
ナチュラルマークは妊娠線予防に効果があったという口コミがある?
妊娠線予防に効果があるナチュラルサイエンスのクリームとは?
西松屋で買える妊娠線予防クリーム一覧
乳液は妊娠線予防クリームとして代用可能?
マタニティ用品で有名な犬印の妊娠線予防クリーム、口コミはどう?
ワセリンは妊娠線予防クリームとして代用可能なの?
薬局で妊娠線予防クリームは売っているの?
妊娠線予防で人気のクラランスのクリームにはどんな口コミがある?
プレゼントとする妊娠線クリームを選びたい場合はどれがいい?
赤ちゃん用品で有名なピジョンの妊娠線クリーム、口コミの評判は?
安い妊娠線予防クリームでも妊娠線は防げる?
エルバビーバの妊娠線予防クリームが口コミで人気の理由
マドンナの妊娠線予防クリームは口コミでどんな評価?
ボディショップの妊娠線予防クリームにはどんな口コミがある?
何を使った?妊娠線予防
キャリネスの妊娠線予防クリーム、効果はどのくらい?