乳液は妊娠線予防クリームとして代用可能?

乳液は妊娠線予防クリームとして代用可能?

■妊娠線予防クリームとして乳液は代用可能?

 

妊娠線の予防クリームとして乳液を代用することは可能なのでしょうか。

 

 

 

妊娠線の予防ケアに乳液を使用する人もいるようです。
はたして妊娠線予防クリームの代用として乳液を使用できるのでしょうか?
効果もどのくらいあるのか気になります。

 

 

妊娠線予防に大事なのは、肌の保湿。
保湿することで肌が潤いハリや弾力のあるものになれば、急激にお腹が大きくなっても
皮膚が伸びやすくなり妊娠線ができにくくなる、というわけです。

 

 

乳液は肌の表面を覆って乾燥を防いでくれます。
ただ、妊娠線の予防は肌の表面だけのケアでは不十分。

 

 

急激にお腹が大きくなった場合に肌の内部、真皮がひび割れて妊娠線ができてしまう
のです。

 

 

保湿成分や美容成分がたっぷり配合されていて浸透力が高いものであれば、乳液で代用
することも可能かもしれません。
しかし、そうではなく保湿するだけのシンプルな乳液では不十分と言えます。

 

 

■そもそも乳液とはどんなもの?

 

保湿のイメージがある乳液ですが、そもそも乳液はどのような特徴があるのでしょうか。

 

 

 

もともと乳液は油分を含んでいて、化粧水や美容液などで肌の水分や栄養を補った後、
それを閉じ込めるために使います。

 

 

もちろん乳液そのものにも肌に潤いを与える効果はあります。
しかし、乳液だけでは十分に肌の水分を補うことはできないのです。

 

 

妊娠線の予防として乳液を塗ることは、全く意味がないわけではありません。
たとえばお風呂上がりなどで十分保湿されている状態であれば、保湿の効果はあります。
しかし、それだけでは妊娠線の予防としては不十分なのです。

 

 

オイルやクリームなどと比べると、肌の水分を閉じ込める効果は劣ります。
ただ、オイルやクリームよりベタつかず、さらっとした使い心地のものが多いという
メリットもあります。

 

 

■乳液はなぜ妊娠線を予防するには不十分なの?

 

保湿効果のある乳液ですが、なぜ妊娠線を予防するには不十分なのでしょうか。

 

 

 

妊娠線は、肌の表面をケアするだけではきちんと予防できません。
肌の内部、真皮までケアすることが、予防できるかどうかを左右するのです。

 

 

残念ながら乳液にはそのような肌の内部までケアする成分は含まれていませんし、保湿力
という面でも十分ではないと言えます。

 

 

乳液は、クリームに比べると油分が少なくなります。
その分、保湿力も弱いということなんですね。

 

 

もちろん、妊娠線ができるかできないかは個人差があり、もしかすると乳液で妊娠線が
予防できた、なんていう人もいるかもしれません。
しかし、それはたまたま妊娠線ができにくい体質、肌質だったというだけです。

 

 

ただ、全く何もしないよりは乳液でもケアした方がいいのは言うまでもありません。
夏など汗をかいたりする時期は、クリームはベタついたりかゆくなってしまう、なんて
いう人もいますよね。

 

 

そんな時は、せめて乳液でも塗った方がマシかもしれません。
クリームよりはサラッとしていて塗りやすいでしょう。
あくまでも何もしないよりは良い、ということですが。

 

 

妊娠線ができるかどうかは前もってわかりません。
妊娠線ができてしまってから後悔したくない、という人は、乳液で代用するのではなく、
予防効果のある成分が配合された妊娠線専用クリームを使った方がいいでしょう。

 

 

■乳液タイプのボディクリームと乳液の違いとは?

 

妊娠線予防に使われる乳液タイプのボディクリームと普通の乳液は、どのような違いが
あるのでしょうか。

 

 

 

妊娠線予防クリームとして、乳液タイプのボディクリームを使う人も多くいます。
本来ならば妊娠線専用クリームを使いたいところだけれど、やはり値段が気になる、と
いうことから安い市販のボディクリームを選ぶ人も多いようです。

 

 

普通の乳液と比べるとどのような違いがあるのでしょうか?

 

・油分の量
・肌へのやさしさ
・使われている成分

 

 

ボディクリームにはさまざまなテクスチャーのものがあるんですよ。
どちらかというと固めのクリームタイプやサラッとした心地の乳液タイプなどがあります。

 

 

乳液タイプのボディクリームと、普通の乳液を比べてみると、ボディクリームの方が油分
の量が多く、乳液より濃い感じに作られているものが多いようです。

 

 

ボディクリームと乳液の成分には、そんなにも大きな違いはないようですが、ボディに
比べて顔の皮膚の方がデリケートなので、顔につける目的で作られている乳液の方が
より肌にやさしく、良い成分が使われているようです。

 

 

また、顔につける、ということで乳液の方がボディクリームよりも美容成分が多く
含まれていることがあるようです。
もちろん、その分値段は高くなりますね。

 

 

ボディクリームも、保湿だけではなく、美白効果や引き締め効果のあるものがあります。
最近多いのは、香りにこだわってリラックス効果が得られるもの。
フレグランスとしてボディクリームを使う人もいるんですって!

 

 

乳液も、乳液タイプのボディクリームも、保湿という点ではそんなに大きな違いは
ありません。

 

 

しかし、妊娠線を予防するために毎日使うことを考えると、容量や値段なども含めて
乳液よりボディクリームの方が良いと言えるでしょう。

 

 

ただ、妊娠線を予防する目的で作られているわけではありませんよね。
なので、しっかりと妊娠線を予防するためには、やはり妊娠線予防専用クリームを使った
方が間違いなく効果が高いと言えます。



跡になる前にケアしておきたい妊娠線!


「妊娠線予防」
色々なところでよく見かけますよね。


「一人目で大丈夫だったから二人目も特に対策しなくても大丈夫。」
「ドラッグストアの妊娠線予防クリーム塗っといてもできた友達もいるし 運では?」
「高いだけの妊娠線予防クリーム塗っても出来た人はできるのでしょ?」



…私も最初はこんなふうに思っていましたが


普通の保湿クリームで妊娠線予防はできません!


そもそも妊娠線は皮膚が伸びることで皮膚の内部奥深くに亀裂が起きてしまうために 生じるものです。


保湿は皮膚の表面(角質層)の乾燥は防ぐことができますが、奥深くまで 浸透しないため、妊娠線の予防には効果がないのです。


そこで「シラノール誘導体」という成分が注目されています。
海外では妊娠線予防に有名な成分なのですが、最近日本でも注目されるようになりました。


「シラノール誘導体」はコラーゲン層を再構築し、皮膚の弾力性を修復する効果があります。


真皮という皮膚の奥深い層の約70%をコラーゲンが占めています。
この層まで亀裂が入ることで決定的な妊娠線ができてしまうわけです。



コラーゲン層を再構築する鍵となるシラノール誘導体がとっても重要なわけです。



日本で売られれている妊娠線クリームでこのシラノール誘導体が含まれているものは ベルタの妊娠線クリームとだけでした。


妊娠線予防は「早め」の対策が必要です。


妊娠線ができてしまってからはレーザーなどの対処はありますが、消えるまでかなり時間が掛かりますし、最悪跡になって残ることも有ります。








>>後悔しない妊娠線予防クリーム



関連ページ

妊娠線予防クリームで芸能人が使っているものはどれ?
いつから妊娠線予防クリームを塗るのがいいの?
ニベアの青缶で妊娠線予防クリームの代用は可能?
キュレルには妊娠線予防の効果があるの?
オーガニックの妊娠線予防クリームはなぜ良いの?
オイルとクリーム、妊娠線予防にはどちらが効果的?
市販のクリームで妊娠線予防におすすめのものは?
ナチュラルマークは妊娠線予防に効果があったという口コミがある?
妊娠線予防に効果があるナチュラルサイエンスのクリームとは?
西松屋で買える妊娠線予防クリーム一覧
ハンドクリームは妊娠線予防クリームとして代用可能?
マタニティ用品で有名な犬印の妊娠線予防クリーム、口コミはどう?
ワセリンは妊娠線予防クリームとして代用可能なの?
薬局で妊娠線予防クリームは売っているの?
妊娠線予防で人気のクラランスのクリームにはどんな口コミがある?
プレゼントとする妊娠線クリームを選びたい場合はどれがいい?
赤ちゃん用品で有名なピジョンの妊娠線クリーム、口コミの評判は?
安い妊娠線予防クリームでも妊娠線は防げる?
エルバビーバの妊娠線予防クリームが口コミで人気の理由
マドンナの妊娠線予防クリームは口コミでどんな評価?
ボディショップの妊娠線予防クリームにはどんな口コミがある?
何を使った?妊娠線予防
キャリネスの妊娠線予防クリーム、効果はどのくらい?