妊娠線予防クリームで芸能人が使っているものはどれ?

妊娠線予防クリームで芸能人が使っているものはどれ?

■芸能人が使っている妊娠線予防クリームはどんなもの?

 

芸能人は産後も綺麗な肌やスタイルを維持していますが、一体どんな妊娠線予防クリーム
を使っているのでしょうか。

 

 

 

芸能人やモデルの方って、妊娠、出産してもすごく綺麗ですよね。
仕事柄、美容にかける費用はかなり多いのではないでしょうか。

 

 

しかし、綺麗なのはただ費用をかけているからだけではないんですよ。
妊娠や出産を経ても仕事を頑張りたい、そのために綺麗でいる、という気持ちがとても
強いんです。

 

 

そんな、美容に対する意識が強い芸能人の皆さんは、どのようなものを使って妊娠線を
予防しているのでしょうか。
ブログなどで話題になっているものを3つご紹介します。

 

 

・キャリネスボディクリーム
・バイオイル
・ベルタマザークリーム

 

 

芸能人の方達の間では、クリームも人気ですがオイルを使っている人も多いようです。

 

 

美意識の高い人達が選ぶものは、それだけ効果も期待できますよね。
自分がどれを使おうか悩んでいる場合には、参考にしてみるといいですよ。

 

 

■キャリネスボディクリームってどんな商品?

 

女優さんやモデルさんが愛用していると話題のキャリネスボディクリームはなぜ人気が
あるのでしょうか。

 

 

 

キャリネスボディクリームは、芸能人の間でとても人気があり話題となっています。
紗栄子さん、モデルの美香さん、辺見えみりさん、東原亜希さんなど多くの女優さんや
モデルさんが愛用していたようで、自身のブログで紹介されています。

 

 

この大人気のボディクリームは、美容皮膚科医が考案したドクターズコスメ。
保湿成分や美容成分がたっぷり配合されているのが人気の秘密なんですよ。
配合されている主な成分は次のとおり。

 

 

・シラノール誘導体
・プエラリアミリフィカ
・鯛ウロコ由来の水溶性コラーゲン
・スクワラン
・ヒアルロン酸Na
・ホホバ油

 

 

シラノール誘導体は今、注目されている成分。
コラーゲンを再構築する作用や、皮膚の弾力を高めてくれる働きがあることがわかって
いて、妊娠線予防に高い効果が期待されているんですよ。

 

 

プエラリアミリフィカは女性ホルモンに似た作用がある成分。
その効果はイソフラボンの40倍もあるとか。
女性ホルモンのエストロゲンはコラーゲンの再生を促してくれます。

 

 

鯛のコラーゲンは、豚や牛から作る動物性コラーゲンに比べて体内への吸収効率がよいと
されています。

 

 

スクワラン、ヒアルロン酸Na、ホホバ油など、潤いを保って高い保湿力をキープして
くれる成分もたっぷり配合されているんですよ。

 

 

■バイオイルってどんなもの?

 

芸能人が愛用しているとよく聞くバイオイルですが、どのようなオイルなのでしょうか。

 

 

 

バイオイルは芸能人御用達のオイルとして有名です。
東原亜希さん、山田優さん、道端ジェシカさんなど多くのモデルさん達が愛用していた
ようです。

 

 

配合されている成分は次のとおり。

 

・ラベンダー、カモミール、ローズマリー、トウキンセンカの4種類の植物成分
・ビタミンA、E
・ピュアセリンオイル

 

 

ピュアセリンオイルは、有効成分を肌の角質層の中まで届けるためのもの。
これがバイオイルの特徴的な成分なんですよ。

 

 

このピュアセリンオイルは、高い保湿効果と、ベタつかずサラッとした感触を両立させる
ために、独自に研究、開発されたものなんですって!

 

 

防腐剤など肌に負担がかかってしまう成分は含まれていないし、保湿効果も高くベタ
つかないので人気があるようです。

 

 

■ベルタマザークリームはどのような商品?

 

酵素ドリンクで有名なベルタのマザークリームは大人気ですが、なぜそんなに人気が
あるのでしょうか。

 

 

 

ベルタは酵素ドリンクで有名なメーカー。
芸能人やモデルさん達に大人気で高い売り上げを誇っているようです。

 

 

ベルタがその技術を生かして妊娠線クリームを作ったのが、このマザークリーム。
人気の秘密は、含まれている成分にあるんですよ。
まずは主にどのような成分が配合されているのか見てみましょう。

 

 

・シラノール誘導体
・スーパーヒアルロン酸
・プラセンタ
・マリンコラーゲン
・葉酸
・アミノ酸と5種類のビタミン

 

 

シラノール誘導体は、海外では有名で妊娠線のケア商品に使用されています。
日本でも最近注目されるようになりましたがまだまだ知名度は低いかもしれませんね。

 

 

シラノール誘導体は、肌の奥の真皮に働きかけてくれて、コラーゲンを再構築する働きや
皮膚を修復してくれる働きがあるんですよ。

 

 

スーパーヒアルロン酸は、普通のヒアルロン酸の2倍の保湿力を持っています。
プラセンタは、細胞の再生や新生を促してくれます。
このクリームには最高品質の馬プラセンタが使用されているんですよ。

 

 

マリンコラーゲンは魚由来のコラーゲン。
動物由来のコラーゲンと比べて保水性が高く、なじみやすいと言われています。

 

 

葉酸はママとお腹の赤ちゃんにとって欠かせないビタミン。
細胞の再生や修復に関わる酵素を助ける働きがあるんですよ。
なので、積極的に摂ることで細胞の活性化が進んで妊娠線の予防につながります。

 

 

肌やコラーゲンはタンパク質で出来ています。
そのタンパク質に必要なのが、アミノ酸やビタミン類。

 

 

このように妊娠線の予防だけでなく美肌効果も期待できる成分がたっぷり配合されている
ので大人気というわけです。



跡になる前にケアしておきたい妊娠線!


「妊娠線予防」
色々なところでよく見かけますよね。


「一人目で大丈夫だったから二人目も特に対策しなくても大丈夫。」
「ドラッグストアの妊娠線予防クリーム塗っといてもできた友達もいるし 運では?」
「高いだけの妊娠線予防クリーム塗っても出来た人はできるのでしょ?」



…私も最初はこんなふうに思っていましたが


普通の保湿クリームで妊娠線予防はできません!


そもそも妊娠線は皮膚が伸びることで皮膚の内部奥深くに亀裂が起きてしまうために 生じるものです。


保湿は皮膚の表面(角質層)の乾燥は防ぐことができますが、奥深くまで 浸透しないため、妊娠線の予防には効果がないのです。


そこで「シラノール誘導体」という成分が注目されています。
海外では妊娠線予防に有名な成分なのですが、最近日本でも注目されるようになりました。


「シラノール誘導体」はコラーゲン層を再構築し、皮膚の弾力性を修復する効果があります。


真皮という皮膚の奥深い層の約70%をコラーゲンが占めています。
この層まで亀裂が入ることで決定的な妊娠線ができてしまうわけです。



コラーゲン層を再構築する鍵となるシラノール誘導体がとっても重要なわけです。



日本で売られれている妊娠線クリームでこのシラノール誘導体が含まれているものは ベルタの妊娠線クリームとだけでした。


妊娠線予防は「早め」の対策が必要です。


妊娠線ができてしまってからはレーザーなどの対処はありますが、消えるまでかなり時間が掛かりますし、最悪跡になって残ることも有ります。








>>後悔しない妊娠線予防クリーム



関連ページ

いつから妊娠線予防クリームを塗るのがいいの?
ニベアの青缶で妊娠線予防クリームの代用は可能?
キュレルには妊娠線予防の効果があるの?
オーガニックの妊娠線予防クリームはなぜ良いの?
オイルとクリーム、妊娠線予防にはどちらが効果的?
市販のクリームで妊娠線予防におすすめのものは?
ナチュラルマークは妊娠線予防に効果があったという口コミがある?
妊娠線予防に効果があるナチュラルサイエンスのクリームとは?
西松屋で買える妊娠線予防クリーム一覧
乳液は妊娠線予防クリームとして代用可能?
ハンドクリームは妊娠線予防クリームとして代用可能?
マタニティ用品で有名な犬印の妊娠線予防クリーム、口コミはどう?
ワセリンは妊娠線予防クリームとして代用可能なの?
薬局で妊娠線予防クリームは売っているの?
妊娠線予防で人気のクラランスのクリームにはどんな口コミがある?
プレゼントとする妊娠線クリームを選びたい場合はどれがいい?
赤ちゃん用品で有名なピジョンの妊娠線クリーム、口コミの評判は?
安い妊娠線予防クリームでも妊娠線は防げる?
エルバビーバの妊娠線予防クリームが口コミで人気の理由
マドンナの妊娠線予防クリームは口コミでどんな評価?
ボディショップの妊娠線予防クリームにはどんな口コミがある?
何を使った?妊娠線予防
キャリネスの妊娠線予防クリーム、効果はどのくらい?